30代からのぽっこりお腹対策

日頃の運動不足や不摂生によって、ぽっこりと出ちゃったお腹をなんとかするぞ宣言!!
MENU

30代からのぽっこりお腹対策

お腹周り
20代の頃とあまり食事の量は変わらないというのに、30代に入ってからは食べたものすべてがお腹周りに贅肉としてついてきている気がします。

 

食事から摂取するカロリーと、身体が消費するカロリーとに大きな差があるのだと思います。

 

どうしても、30代に突入すると基礎代謝が格段に落ち込んでしまうからでしょう。

 

基礎代謝量が高ければ眠っているだけでもカロリーを消費するというのですから、体の代謝を上げる事がダイエットに大切なのだという事はわかります。

 

問題はその後で、基礎代謝をどうやって上げるのかという事です。

 

すぐに思い浮かぶのは、筋肉の量を増やすことで代謝を上げるという事ですが、30代から始めるスポーツというのはそう長くは続きません。

 

とくにぽっちゃり体型の人であればなおさらです。そこで、あまり無理なく筋肉の量を上げるにはどうしたら良いのか、ものぐさな私は考えました。

 

テレビやインターネットの情報から気付いた事は、小さな積み重ねが大切だという事です。

 

例えば呼吸ひとつにしても、腹式呼吸を意識してしっかりと息を吐くだけでも筋力アップに繋がります。

 

また、日常的に綺麗な姿勢を保つことで、腹筋も鍛えられるし、背筋もピンと伸びて見た目だけでも美しくなります。

 

綺麗な姿勢を保つ事は実はとても疲れることで、しばらくするとつい前かがみに曲がってきてしまうのですが、この姿勢をキープできればお腹のポッコリもなくなるはず、と思えば案外苦無く続ける事が出来ますよ。

このページの先頭へ