ぽっこりお腹は便秘が原因!大腸内視鏡検査で改善

日頃の運動不足や不摂生によって、ぽっこりと出ちゃったお腹をなんとかするぞ宣言!!
MENU

ぽっこりお腹は便秘が原因!大腸内視鏡検査で改善

長年、ぽっこりお腹と付き合ってきました。

 

食事に気をつけたり、腹筋したり、ジョギングしたりといろいろとやってみましたが、ぽっこりお腹とさよならすることはありませんでした。

 

スカート
体のラインがでるスカートやパンツなどはぽっこりお腹が目立つため着ることが出来ません。
いつもフワッとしたチュニックで誤魔化していました。数年前に、大腸内視鏡検査をすることになりました。

 

 

痔の調子が悪くて受診したのですが、直腸から5cmくらいのところにポリープがあることが分かり、他にもポリープがないか検査して除去すると言われていました。

 

この検査は2日前くらいから食事制限があり、検査当日は1リットルの下剤を飲んで、大腸の中を空にしなければいけません。
下剤を飲んで1時間くらい便意をもようし、数十回トイレに通います。

 

検査時はもちろんかなり苦しいですし、検査後も大腸に空気が入ってしまうのかバンバンに張ってしまって苦しいんです。
とにかく苦しい検査なんです。

 

手術後に3日間入院しました。

 

退院後に体重が減っていないかと体重計に乗ると1キロ程度しか減っていませんでした。

 

がっかりしたのですが、その後お腹周りがすっきりしているのです!

 

きつかったスカートやパンツも楽になっていてびっくりしました。

 

その状態を維持できたのは1ヶ月程度ではあるのですが、2年ごとに受ける内視鏡検査のたびにぽっこりお腹が1ヶ月程度解消されます。

 

それを考えると腸の中に便が残っているというのはぽっこりお腹の原因となるのかなと思います。

 

便秘
便秘をしないような食生活を送れば検査後の状態が保てるのかもしれませんが、なかなか継続できないのが現状です。

このページの先頭へ