みっともないぽっこりお腹とはおさらばするぞ宣言!!

日頃の運動不足や不摂生によって、ぽっこりと出ちゃったお腹をなんとかするぞ宣言!!
MENU

運動不足や便秘などが原因でぽっこりお腹になりやすくなります

腹筋

腹筋
腹筋運動も効果がありますが、わざわざやらなくてもお腹に力を入れる習慣を付けることで、ぽっこりお腹を改善することができます。

 

 

便秘

便秘症の人はどうしてもぽっこりお腹になりやすくなってしまいます。
便秘
毎日きちんとお通じがあり、老廃物が排出されていれば、余計なものをお腹にため込む必要がありません。

 

それが数日溜まってしまったら、お腹がぽっこりしてしまうのも、必然的なことです。

 

お腹が苦しくなり、衣服のウエストがきつくなってしまい、見た目も悪くなってしまいます。

 

 

脂肪

脂肪
ぽっこりお腹は脂肪が原因のこともあります。

 

運動不足が続くと、どうしても体脂肪は増えてしまい、お腹周りなどについてしまいます。

 

痩せるのも太るのもお腹からという人も多く、ぽっこりお腹は肥満のバロメーターになります。

 

お腹周りをスッキリさせるためにも、腹筋運動だけではなく、ウォーキングやジョギング、または水泳などの有酸素運動も効果があります。

 

 

お腹周りや下半身のむくみは、血行不良で冷えが原因のことも多いものです。

普段から動く習慣がないと、どうしても運動不足になってしまいがちです。

 

さらに過度な糖質や炭水化物を摂ることで、体脂肪を増やしてしまいます。野菜は食物繊維が多く、便秘の解消に効果があります。

 

お腹ぽっこりを解消するのにも野菜を多く摂るようにしたいものです。

野菜だけで補えない場合は、青汁を飲むなども効果があります。

 

他にも良質のたんぱく質を摂り、脂肪を減らし、筋肉量を増やし、ぽっこりお腹を改善していきたいものです。

このページの先頭へ